teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(1)
  2. 掲示板試作(1)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


第20回三宅島文化会発表会の展示

 投稿者:神部名残雪(仮名)  投稿日:2014年 2月17日(月)20時30分36秒 KD182249240094.au-net.ne.jp
返信・引用
  ほぼ、一年ぶりに投稿いたします。名残雪でございます。

今年も我らが「書道クラブみやけ」は、2月15日・16日に開催されました三宅島文化会発表会におきまして、作品を展示いたしました。

発表会当日は、前日までの低気圧による風雨が嘘のような晴天に恵まれました。2日間で、のべ300名の方に足を運んでいただきました。この場をお借りしまして、皆々様に感謝いたします!
 
 

墨象家・書家 木村松峯のブログ

 投稿者:木村松峯  投稿日:2013年10月22日(火)01時00分37秒 ZJ055026.ppp.dion.ne.jp
返信・引用
  東京(原宿)より南伊豆にきて書道を教えながら墨象というジャンルで世界に挑戦しています。ル・サロン永久会員。プラド美術館芸術家功労証会員。AMSC永久無鑑査公式認定会員。中国認定作家。日本書峯会主宰。

http://blog.goo.ne.jp/shohokimura

 

御来場・御協力ありがとうございました!

 投稿者:神部名残雪(仮名)  投稿日:2013年 2月28日(木)22時03分16秒 i114-182-177-63.s41.a013.ap.plala.or.jp
返信・引用
  名残雪(仮名)でございます。


2月16日・17日に開催されました、第19回三宅島文化会発表会に、延べ300人を超える方にご来場いただきました。御来場ならびに御協力いただき、まことにありがとうございました。

なお、3月号の『広報みやけ』に、会場の熱気を伝える写真・記事とともに、三宅村長の文化活動への思いを寄せた文章が掲載されております。

名残雪としましては、心より三宅村の文化活動の益々の発展を願っております。

 

「書道クラブみやけ」の展示ブース

 投稿者:神部名残雪(仮名)  投稿日:2013年 2月16日(土)12時00分31秒 i114-182-177-63.s41.a013.ap.plala.or.jp
返信・引用
  連続投稿の名残雪(仮名)です。

我らが、「書道クラブみやけ」こと帯雪社中三宅教室・竹塾書道会三宅支部の展示ブースは、会場入口から右手奥になります。

 

【事務連絡】文化会発表会の片付け作業について

 投稿者:神部名残雪(仮名)  投稿日:2013年 2月16日(土)11時48分25秒 i114-182-177-63.s41.a013.ap.plala.or.jp
返信・引用
  明日、17日の発表会終了後の16時~18時の間で展示ブースの片付け作業を行ないます。

出品された方をはじめ、ご協力の程、よろしくお願いします。

下の写真は、昨日の準備風景です。
 

第19回 三宅島文化会 発表会

 投稿者:神部名残雪(仮名)  投稿日:2013年 2月16日(土)11時39分7秒 i114-182-177-63.s41.a013.ap.plala.or.jp
返信・引用
  本日16日と17日の2日日、伊ヶ谷の三宅村コミュニティーセンターにおいて、三宅島文化会発表会が開催されます。
島内の文化活動をされている団体による展示・発表会です。今回の第19回は、平成12年の噴火以来、帰島後初めての開催です。
我らが、帯雪社中三宅教室・竹塾書道会三宅支部は、「書道クラブみやけ」という団体名にて参加しております。
皆様、ご来場の程、よろしくお願いいたします。

〈第19回 三宅島文化会 発表会〉

【日時】
・平成25年2月16日(土)13時~20時
・平成25年2月17日(日)9時~16時
【場所】
・三宅村コミュニティーセンター(伊ヶ谷)
【展示・発表内容】
・華道、書道、点茶、絵画、写真、陶芸、工芸、手芸、楽器演奏、演劇、紙芝居など


 

作品提出にあたっての注意です

 投稿者:原田鶯雪  投稿日:2013年 2月12日(火)12時21分32秒 s1325241.xgsspn.imtp.tachikawa.spmode.ne.jp
返信・引用
  三級以上になると漢字では古典勉強に入り臨書になります。
その際名前の次に必ず「臨」と書いて下さい。
私がこの作品を臨書しましたという意味です。
「書」とは違います。
今まで自運といって誰の作品でもないものを自分で自由に書きました、という場合が「書」です。
これは当たり前のお約束ですので皆さん気をつけましょう。
 

創玄展二科の結果です

 投稿者:原田鶯雪  投稿日:2013年 1月31日(木)17時22分4秒 s1734181.xgsspn.imtp.tachikawa.spmode.ne.jp
返信・引用
  三宅教室から二名出品しました。
この度準二科賞、入選という素晴らしい結果が出ました!詳細はHPで。
おめでとうございます!


http://www.sogen.or.jp/index.html
 

筆供養

 投稿者:原田鶯雪  投稿日:2013年 1月27日(日)22時48分12秒 i114-191-43-28.s41.a013.ap.plala.or.jp
返信・引用
  本日、谷保天満宮の筆供養に行ってきました。
お預かりした筆も納めてきましたよ。
昨年みなさんが書いた献書作品もお焚き上げされました。
 

お願い

 投稿者:原田鶯雪  投稿日:2013年 1月24日(木)12時37分6秒 s2006093.xgsspn.imtp.tachikawa.spmode.ne.jp
返信・引用
  書作提出の際、級、名前、153は、必ず作品の左下にはっきりと濃く書いてください。
最近真ん中寄りや右寄りがあります。
全国から大量の作品が届き担当者が左側をめくって確認してます。規定にも書いてあります。今一度宜しくお願いします。
 

レンタル掲示板
/3